2007年04月01日

心に花をさかせましょう

僕はおもう。ヒトというのは犬(DOG)と深い関係にあるのではないのだろうかと。僕は、猫か犬のどっちをとるかと問われたら音速でワンワンをとる。まぁ、僕のペット論はおいといて歴史上からみてもヒトと犬のあいだには種を超えた友情?ノンノン、愛(Love)があるといえるだろう。ハチ公、パトラッシュ、バターケン。いったい今までに何匹もの名犬が誕生したのだろう。しかし、いまあげたのを遥かにしのぐキング・オブ・いぬが日本にいた。そいつの名はシロ。日本昔話の花咲かじいさんにでてくるあまりに健気なやつである。金日成もブッシュもムネオも涙をながす忠犬シロの生涯と死後の功績をちょっと振り返ってみようよ。
シロの悲劇の始まりは、花咲かじいさんのとなりに守銭奴じじいがすんでいたからだ。このじじい、シロをヘッドロックしたあげく、苦しんで悲鳴をあげたのを何をトチ狂ったのか、宝がでるなどスイートな妄想かまして、期待がはずれガラクタがでてきたからといって農具で撲殺しやがった。ジャイアニズムの塊のような野郎だ。現代なら、はっきりいって懲役もの。良い子のみんなは絶対まねしちゃダメだよ。そのあと花咲かさんはシロの亡骸をひきとり(←普通なんらかのアクション起こすだろ!常識的
posted by 快晴ナリ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

埼玉県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 埼玉県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-06-03 10:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。